東京での納骨堂の契約にあたっての注意点です

subpage01

納骨堂を選ぶにあたっては、留意すべきポイントが幾つかあります。

特に、東京での納骨堂選びでは注意が必要です。

自分の好みだけではなく、家族が快適にお参りできるところを選ぶのが大事です。


まずは、立地条件です。交通アクセスが良くて、高齢者でも一人でお参りできるか、という点です。



東京の場合、電車やバスでもお参りできることを確認しておきます。

次に、その内容が負担する費用に見合っているか、という点です。

一口に納骨堂といっても、種類も多岐にわたっていますし、システムはかなり異なっています。
それと費用とのバランスがとれているかを調べておかなければなりません。
また、施設や設備の充実度も大事です。

高齢者が通いやすいように、エレベーターなどのバリアフリー設計になっていることも見ておくべきです。
休憩所やトイレが設置されていることも要確認です。

また、ところによっては、日や時間によって、お参りに制限が加えられているケースもありますので、不都合が生じないかを確認しておかなければなりません。

そして、宗旨や宗派の問題もチェックしておく必要があります。

ごくまれに、檀家になることが義務付けられているところもあります。
事前に確認しておいてから、契約をすべきです。

日本経済新聞の詳細は専用ホームページで紹介しています。

さらに、運営者の評判も知っておくことが必要です。

東京から高野山真言宗情報の豊富さで有名なサイトです。

長くつきあっていく施設ですので、運営者や住職のパーソナリティも大変重要になってきます。

東京に限ったことではないかもしれませんが、納骨堂の契約にあたっては気にかけておく事柄です。